ページビューの合計

2013年12月28日土曜日

御挨拶

年始は6日より通常営業します。

2013年12月26日木曜日

東大阪の職人

当社が30年以上 お世話になっている内燃機屋さんのご紹介です エンジンオーバーホール時に必要なボーリングが多角バルブのシートカットなど様々なオーダーに応えてくれます 画像のピストンはランボルギーニ製を日本で制作したものです 工場長は戦後からの職人でこの道一筋です クランクシャフトのバランスや様々なご要望ご相談下さい

2013年12月16日月曜日

Clio

レーシングカーの足回りの制作をします ヨーロッパでワンメイクレース様に制作された車両です ダンパーをコイルを制作しアライメントを調整します ヨーロッパスタイル(路面悪し サーキットバンピー)な仕様なので出来る限り日本のサーキットへ合わせたセットアップが目的です 様々な車両で勉強させて頂いています。

レストア

前期モデル91年式500Eをレストアします 現在の交通事情に対応出来る様なレストアが可能です ご相談下さい

フューエルポンプ

996のフューエルポンプ交換です フューエルポンプの交換時期はポンプにかかる電圧に対しての電流を測定することで決めることができます ポンプからの吐出量が減少し燃料圧力が減少してからではエンジンにダメージがでます トロコイド式ポンプ インペラー式は内部の摩耗によって電流値が減り確認できます また ほとんど車を動かしてない車はガソリンの劣化によりポンプ電流値が上がり故障の原因になることもあります 定期的な点検をお勧めします

2013年12月10日火曜日

E63の足回り

ニューモデルE63の新技術のご紹介です 縦置きエンジンV8ツインターボ4WDはミッションリヤ側のトランスファーによってフロント側に駆動稼ぎフロント、リヤへのトルク配分を33:67になっています フロントアクスルはハブナックルへサスペンション加重をかける様になっていますので足回りの耐久性が向上する様です パワーステアリングは電動タイプへ変更されてオイル漏れなどの心配もなくなりました ブレーキバックプレートは走行風をディスク中心から外側への工夫がされておりハードにスポーツ走行される方はR231の導風板が装着できそうです フロントサスペンションはバネを使いショックアブソーバーの減衰の強さを室内から変更できます リヤサスペンションの構造は大きな変化はなくエアサスペンション装着です 

2013年11月25日月曜日

AMG E63 4MATEC

メルセデスを代表するEクラスの最高峰ニューモデルE63です 直噴ツインターボモデルです 新車からモディファイトも施工します AMGをベースにブラバスモノブロックF装着 その他いろいろ施工予定です ブラバスからライトチューニングキット4マチック用 B63-620 B63-650 も発売しております 是非ご相談下さい ブラバス最高峰のコンプリートモデルは6000ccへ排気量アップされたモデルB63-850ですが 日本国内モデルへのファーストステップチューニングキットがB63-620  B63-650へとなります

2013年11月21日木曜日

ミッション調整

定期メンテナンスでメルセデスの機械式ミッションは圧力調整が必要な場合があります 現在の7Gトロニックミッションは経年変化での降下する圧力をCPUが滑りを感知し圧力を上昇させ滑りを防止してくれますが 機械式ミッションは内部のスプリングやシールの変化に応じた圧力調整は必要です 圧力が降下するとフル加速状態でフェーシングやバンドで滑りが発生し摩擦熱により油温度上昇 フェーシングの摩耗などおこりますので定期的に点検 調整をお勧めします

スポーツカーメンテナンス

GT-2やGTBなどもメンテナンスします ご相談下さい

2013年11月20日水曜日

キャリパー 

BRABUS6POTキャリパーを塗装しリペアしました 古くなってしまった塗装も再度リペアすることでピッカピカになります BRABUS本社でも冬場の道路事情で傷んでしまったキャリパーをリペアします 同じ作業が日本でもできます ご相談下さい

560SEL

メルセデス560SELを新車の様にレストアしました 外装内装はもちろん エンジンルーム内 消耗品全て交換しました  ベース車両から完成まで約3か月かかりますが 末永く乗れる一台に仕上げます 是非ご相談下さい

2013年11月14日木曜日

BRABUS新製品 

AMG E63 CLS63用にエンジンパワーアップチューニングキットのファーストステップとしてB63-620パワーエクストラキットが発売されています 557馬力から620馬力へパワーアップ プラグONで簡単装着できます この度 AMG E63 CLS63 S 4MATICに対応したB63-650が発売されます 585馬力から650馬力へパワーアップ同じくプラグONの簡単装着です 是非是非お問い合わせ下さい

2013年10月19日土曜日

clio v6

ルノー クリオスポーツV6 ミッドシップエンジンです シャーシ剛性が弱く 補強部品をステンレス部品のプロフェッショナルN工業さん制作です 純正の薄い鉄板補強部品と交換することでかなり足回りがしっかりします

500E

歴代のメルセデスの中でも人気の高い500Eです より高性能にモディファイトします 足回りはリヤのサブフレームを亜鉛塗装しその上から焼き付け塗装しました 錆止め対策です ブッシュ、リンク関係を全て新しくし リヤでデフにはTCDを組み込みました サスペンションは特別に制作しEXEで制作したサブフレーム補強ブッシュ、ロアラジアルベアリング入りブッシュを組み込み 9.5Jのホイール装着に合わせてアッパーマウント等を加工しました 最後にホイールアライメント調整し エンジンの冷却対策をしました オリジナル状態から一新しドライブの楽しめる車両になりました 

2013年10月8日火曜日

CPU基盤

一見綺麗に見えるCPUの基盤もルーペで確認しハンダのクラックを発見し予防整備することができます 

2013年10月7日月曜日

アライメント

ホイールアライメント調整はドライビングを楽しくさせる為にお勧めします 装着タイヤ 車高 ダンパーストローク 1Gによるリンク類の締め直しで最後にアライメント調整となります  例えば車高調整のダンパー装着車両ではダンパーのストロークがバンプラバー接触まで70mmまである場合1G状態で35mm沈むようにセットアップします(バンプラバーを接触させてセットアップする場合もあります) ロールセンターそ中心に対角線または左右に十分にストロークできる様にセットアップすればタイヤのグリップ力も上がり安心したドライブが可能になります

2013年10月1日火曜日

フランクフルトモーターショー2013 ⑦最終回

メルセデスブース特集です  フランクフルトモーターショーの中で最大ブースがメルセデスでした 世界一の自動車メーカーはメルセデスと感じました 他のメーカーはここまでしません

フランクフルトモーターショー2013 ⑥

テストドライブ編です モーターショーブースの裏側にブラバスは5台のテストドライブできる車両を用意してくれています 今回エクゼはCLS850G800の車両を乗せて頂きました。 命の保障はしませんシートにサインしてからの試乗となります。 ますはCLS850 AMG63の直噴ツインターボエンジンを850馬力へチューニングしたモンスターマシンです 最高速度は360km(タイヤの限界でリミットが利きます) フランクフルト会場の外へ出てアウトバーンの速度無制限区間へ向かいます ドライバーは絶えず加速と減速を繰り返しタイヤを温めます アウトバーンに入ると一気に加速しすでに270km ドライバーは二つ目の橋から無制限区間に入りますからそこから加速しますと。。300km 短時間での加速力は圧倒的です  この時バルブコントロールユニットを操作しますが音量は変化しますが加速力は全く変化しません 次にG800 ライドコントロールが装着されています ライドコントロールとはブラバスがゲレンデ専用に開発したサスペンションキットです AMGのゲレンデは足回りが非常に硬く街乗りでは苦痛になります ライドコントロールキットはボタン一つでソフトとハードに切り替えができ尚且つソフトで走行中 急ハンドルなどの操作でハードへと切り替わり 数秒後またソフトへと戻ります 車両へのCANデーター通信させているシステムです この試乗でソフトとハードに切り替え乗り心地の違いを体感できました 是非お問い合わせ下さい